埼玉県行田市のG-PLAZA(ジープラザ)外構エクステリアの設計施工専門店,熊谷,羽生,深谷,加須,東松山,坂戸,川越,鴻巣,北本,桶川を中心に埼玉県全域へ伺います

もっと詳しく知って下さい

ヒアリングって何を聞かれるの

 『お客様との初回の打ち合わせですぐに見積もりは出せない』ということをまずはご理解下さい。見積りは7〜10日を目安に作成いたします。


他の外構エクステリア会社は、要望を言えばすぐに見積りを出してくれるかもしれません。しかしながら、G-PLAZA(ジープラザ)では、まずお客様の要望をしっかりヒアリングし、そしてプランを考えます。ここが少し違うのかもしれません。

他の外構見積り提出が早い会社は、内容よりスピード命で、パターン化したプランにお客様の敷地寸法をはめ込むだけで済むようにマニュアル化されています。その方が本当は楽だし、図面が量産できるのです。その量産スタイルは、どうやら私たちG-PLAZAには不向きで不可能なようです。
 
 私たち(G-PLAZA)は、どうしても外構エクステリアを軽く見ることが出来ないからです

言われるがまま外構エクステリアをプランし、工事が終了したらおしまい。その外構空間がどのくらいお客様の役に立つのかなど、一切お構いなしです。単なる“外構屋”の仕事で、そこには「お客様の役に立とう」という責任感もプライドも無いように私たちには思えます。



お役に立つには、お客様を深く知らなければなりません。『ヒアリング』は、その為の必要不可欠な手段であると共に、私たちの決意と自信の証でもあります。『ヒアリング』をするという事は、その時点からお客様の外構・エクステリアを成功に導く責任が発生している自覚があるからなのです。


 
 これは、両刃の刃。上手くいかなければ、本当に悪評のみが流布するリスクを抱えています。それでもあえて、私たちは『ヒアリング』からお付き合いしたいと考えます。
私たちには、『G-PLAZA(ジープラザ)』を見込んで期待してくれたお客様の想いをサポートし、やり遂げる決意と揺ぎ無い自信があるからです。


まずは、当HPをくまなくお読み頂き、G-PLAZA(ジープラザ)がどんな外構エクステリアの専門店なのかを知って頂きたいと思います。その上で、もしもご納得いただけたのでしたら、一緒に次のステップへ進んでいきましょう


※ 「今すぐ外構はしないが、将来G-PLAZA(ジープラザ)に頼みたい」とお考えいただけたお客様もお声をお掛け下さい。
早期からの外構計画により、来るべき時期にバタバタすることなくスムーズに計画でき、コストも抑えられます。

世界にひとつだけのオンリーワンプランニング

私たちG-PLAZA(ジープラザ)は、それぞれの分野のプロが、その工程に責任を持って対応いたします。

 お客様とのヒアリングを交わした後、請負が確定しましたら、担当者がお客様をサポートいたします。プランナー担当・工事管理担当の2人です。

その役割分担は明確です。計画目的をカタチにしていき、お客様に提供するオーダーメイド商品(外構エクステリアプラン)のアドバイスをするのがプランナー、そのオーダーメイド商品が間違いない品質と無理のない工程で作品を完成に導くのが現場管理。
担当者の連絡先もオープンにし、お客様からのお問い合わせ等にも即座に対応できる体制を整えています。

近隣へのご挨拶

まずは近隣の方々へ向け挨拶へ回ります。その際にG-PLAZA(ジープラザ)代表者がご挨拶へと回らせていただきます。
また、お客様は同席されても、されなくても、どてらでも結構です。

近隣の方は、外構エクステリアの工事もハウスメーカーが施工を行っているものと認識されている場合があります。従って、この挨拶を怠ってしまうと、万が一、何かの不備ががあった時にハウスメーカーにご迷惑が掛かってしまいます。お客様にも関係のないことで気遣いをさせてしまうことになり、こうした事態をさける為にもご挨拶をすませておくことは大切なことなのです。

 次に、家屋が新築中やリフォーム中の場合は、そのハウスメーカー担当者との事前打ち合わせを行います。

驚かれるかもしれませんが、あくまでメインは家屋本体です。メーカーからの注意点や互いの連絡網などを確認しあい、事故やトラブルがない様にする為に、これも絶対に必要な事です。

メーカーの担当者サイドとしても、この打ち合わせは必ず望むはずです。この打ち合わせに関しても、お客様の同席は基本的に不要ですが、参加なさっても構いません。
契約時にメーカー担当者の連絡先をお教え頂ければ結構です。

ジープラザの工事体制

 工事については“自社分離発注施工”を採用しております。私たちG-PLAZA(ジープラザ)の言う自社分離発注とは何でしょう?


私たちは、職人は技術も必要ですが、それ以上に取り組む意識によって品質が変わると考えます。今現在の不況の中を勝ち残る為にも“サラリーマン職人”ではリスクは負わない・負わせられないので、品質や工期などに関わる意識の成長がなかなか見込めないと思うのです。もともとが職人ですので、技術と意識を持った彼らであれば、品質についての意思疎通は明確になります。

そして、G-PLAZAの”自社外注”となった職人たちは、目の色が変わります。求められた品質と約束された工期に向けて全力を注ぎます。

品質が悪かったり、工期が遅れたりすれば次から仕事があたえてもらえなくなるので、緊張感の中でしっかり仕事に集中し取り組む事ができ、成長にも促されます。現場管理をする者も、しっかりとした段取りを組まないと迷惑が掛かりますから、姿勢が変わってきます。

正直、申し上げてサラリーマン職人や丸投げの方が会社にとっては都合が良いし、楽なのですが・・・
しかしながらお客様にお届けする商品の品質の維持には、この体制がベストであると判断しています。

私たちは“外注丸投げ方式”絶対に認めません!!!

会社にとってこの丸投げシステムの都合の良い点は、利益が確定でき、尚且つ自社施工設備が不要で施工管理もお任せできることです。もしものクレームも、下請けに全て被らせることができます。
しかし、その一方で会社自体が怠慢化し、施工請負としての責任感が気薄になり、工事着手する下請け業者によって商品の質が安定しないという事態を招きやすくなります。これでは企業成長が見込めないと私たちはG-PLAZA(ジープラザ)は考えます。


※ G-PLAZA(ジープラザ)の職人は、徹底的に施工をレクチャーし、その後は独立班として各現場での独立採算を学ばせ、理解できない者は理解した者の下に入り、施工班として自社で独立しお仕事をさせて頂いております。

〒361−0006
埼玉県行田市白川戸298−1
TEL/FAX: 048-553-5034
営業時間: 9:00〜18:00